引きこもりに関する相談窓口は増えてきました

  • ハラスメントによる引きこもりは専門家に相談を

    • 以前は人情味に溢れていた日本の社会ですが、時代の移り変わりと共に、寛容さを完膚なきまでに失いつつあります。


      特にここ数十年で、日本人の考え方は劇的に変わってしまい、悪い意味での個人主義が浸透しています。



      自分さえ良ければ周囲の状態はどうでもいい、正しい意味での個人主義を超えてしまい、単なる弱肉強食の世界のような利己主義が正義、信念だと思いこんでいる人々も多いです。そういった人々は皮肉な事に処世術や自分を売り込む技術に長けているため、社会的に成功を収めやすく、現代社会をリードするポジションに収まりやすいです。

      一見すると豪腕を振るうものの、組織や現場をリードする頼もしい経営者や責任者に見える人々ですが、実際は部下と同僚にパワハラやセクハラを無意識的に働いている事が多いです。


      近年では事実としてそういった利己主義的な上司や同僚に受けたハラスメントが原因で引きこもりになる社会人が続出しています。


      大人の引きこもりの相談件数も増加しており、もはや他人事とは呼べない社会問題です。

      T-SITEを求める人にお勧めしたいサイトです。

      パワハラが正しい事だと考える上司のもとでは誰もが精神を病み、引きこもりになって当然です。


      引きこもりになるのは自分が打たれ弱いからだと相談を躊躇う真面目な方々もいますが、それは悪い意味での我慢です。むしろ職場内で深刻なハラスメント行為が横行しているなら、相談は積極的に外部の専門家にすべきです。



      内部告発が今では社会的に重要視され、ハラスメント行為を正当に告発する事は決して卑怯な事ではなくむしろ正しい行いとして認められています。


top